あいしろう blog IMAGINE

想像してみよう。それは何をもたらす? この後どうなる?   ときに楽しい夢を。ときには厳しい視点で。 

フィレンツェ(イタリア):ヨーロッパ(欧州)旅行地 ランキング 私的ベスト30: 第8位

 もしイタリアで一番好きな都市は?と聞かれると、私は迷いなくフィレンツェと答えます。最初のイタリア旅行で訪れて魅了されて以来、何回も訪れました。 

 

 「花の都」フィレンツェ、英語ではFlorence(フローレンス))。 人口は約35万人ということで、大きすぎず、小さすぎず、程よい規模の都市です。 中世に「フィレンツェ共和国」の首都として繁栄したこの街には今でも中世の街並みが残り、ルネサンスが起こったときの芸術家のパトロンだったメディチ家のお蔭で「街中が美術館」と言っていいほど、多くの美術品、建築物であふれています。その魅力的な街並を中世の時代を感じる建物を見ながら歩き、そして美術館を訪れて、美術をじっくり鑑賞するのは、とても楽しい時間です。

 

 そしてこれだけ多くの観光資源が残っていながら、単なる観光地としてだけでなく、街自体に今でも活気があり、人々がイキイキと暮らしていて、実生活と歴史ある文化がバランスよく融合している都市と感じられるところがとても魅力的です。そこが、いかにも観光地であるベネチアなどとは違った魅力になっていると思います。

 

 街に入ってまず目立つのは、中心にそびえるドゥオーモ、サンタ・マリア大聖堂です。 ちょっとピンク色がかった大きな丸いドーム状の屋根が街中から見られます。 傍に行くと外壁や扉の装飾が凄く、中に入っても壮麗な内装、そして美術品としてミケランジェロピエタの像なども見られます。
 
 ミケランジェロというとやはりダビデ像でしょう。アカデミア美樹館の中央にデーンとそびえています。ちょっと頭でっかちではありますが、その力強い造形に圧倒され、今の私の立体彫像好きに火をつけたきっかけがこの像でした。
 
 他に有名な美術館としてウフィツィ美術館があります。中世のボッティチェッリ、レオナルド・ダヴィンチ、ラファエッロ、カラヴァッジョなどの作品がたくさんあり、一日で観切れないほどの規模です。 私は特に並ばずに入れましたが、今では入場には事前予約もあるようですね。

 

 建築物としては洗礼堂、ジョットの鐘楼、ヴェッキオ宮殿などの遺産が中世の息吹を感じさせます。街の中央にはアルノ川が流れ、そこにかかる中世から残るヴェッキオ橋には、金属のアクセサリー等を扱うお店が軒を連ねています。
 アルノ川を渡った高台にあるミケランジェロ広場を訪れれば、この美しい街全体の眺望を堪能できます。

 

 皮革製品でも有名なフィレンツェは、高級ブランド サルヴァトーレフェラガモ、グッチの本店もあり、また大小の革製品ショップがたくさんあり、靴やバッグを物色するのも楽しいです。

 

 もちろんレストランもたくさんあり、美味しいお店に巡り合えるとこんな至福なときはないという瞬間です。

 

 街並、建築と美術、ショッピングに食事と多くのことを、人々の活気と中世の文化を感じながら過ごせる、とても素敵な都市、それがフィレンツェです。

 

 

フィレンツェ美術散歩 (とんぼの本)

フィレンツェ美術散歩 (とんぼの本)

 
フィレンツェ (講談社学術文庫)

フィレンツェ (講談社学術文庫)

 

 

 

 

 

芸術の都 フィレンツェ大図鑑―美術・建築・デザイン・歴史

芸術の都 フィレンツェ大図鑑―美術・建築・デザイン・歴史

  • 作者: アントニオパオルッチ,マリオスカリーニ,アンジェロタルトゥーフェリ,マルコキアリーニ,カルロクレスティ,Antonio Paolucci,Angelo Tartuferi,Marco Chiarini,Mario Scalini,Carlo Cresti,森田義之,野村幸弘,芳野明,谷古宇尚,鳥海秀実
  • 出版社/メーカー: 西村書店
  • 発売日: 2015/04/01
  • メディア: 大型本
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

フィレンツェ美食散歩 おいしいもの探しの四季の旅 (地球の歩き方GEM STONE)

フィレンツェ美食散歩 おいしいもの探しの四季の旅 (地球の歩き方GEM STONE)

 

 

 

フィレンツェ史(上) (岩波文庫)

フィレンツェ史(上) (岩波文庫)

 

 

 

 

 

フィレンツェ―世界の都市と物語 (文春文庫)

フィレンツェ―世界の都市と物語 (文春文庫)

 

 

 

 

 

ブルゴーニュ地方、シャンパーニュ地方(フランス):ヨーロッパ(欧州)旅行地 ランキング 私的ベスト30: 第9位

 10位のボルドー地区に続いてワインで有名なフランスのブルゴーニュ地方、シャンパーニュ地方
 
 ブルゴーニュ地方はパリから南東部へ300㎞余り下った丘陵地帯にある地域で、英語名はバーガンディ(Burgundy)、ドイツ語名はブルグント(Burgund)だそうです。

 

   私はまず北の首府ディジョンから入りました。粒入りマスタードで有名な場所です。お土産にも買いましたね。ディジョンから南に下ると丘陵地帯にブドウ畑が広がります。ブルゴーニュは小さい農家が多く、それぞれに畑を持っていて、その畑(の所有者)ごとにワインの銘柄になります。地区と畑が書かれた詳細な地図があるのですが、それを片手にブドウ畑の丘陵地帯を走るドライブは、景色も爽やかで、ここがあの美味しいワインの産地かあと実感することもできて楽しかったです。

 

 この地方の(というか世界でも)最高に有名で高価なワインはロマネ・コンティ( Romanée-conti)」で、その畑にも行ってきました。 ブドウ畑の中のホントに小さな一区画でしたね。その区画で採れるブドウだけを原料とするワインが「ロマネ・コンティ」として一本200万円とかで売られているのですが、そのすぐ隣の区画のワインだってそんなに違わないんじゃない?と素朴に感じてしまいました。

 

 ワインを売ってる大きなお店とかは見つからなかったのですが、こじんまりした店で種々のワインが並んでるところでまとめ買いをしました。

 

 観光客にもワインの蔵を見せてくれる小さな農家を訪れたのですが、対応してくれた人は英語が全く分からず苦労しました。そのときは傍にいた他の観光客が通訳してくれて助かったのですが、それ程年を召した人ではなかったのに、数字のOne, Twoも通じなかったのはちょっと驚きました。 

 

 ディジョンから南に40㎞程下ったところにボーヌ(Beaune)という街があります。ワインのオークションで有名な街ですが、街中にあるオスピス(施療院)の建物の屋根は赤や茶色が寄木のような柄になって綺麗でした。 このボーヌのそばのレストランで食べた食事の美味しさは今でも鮮烈な記憶としてあります。 残念ながらレストランの名前は忘れてしまったのですが、さすがワインの本場、これがフランス料理かと、美味しさを実感した思い出です。
 
 フランス料理というと食の都リヨンがありますが、そこはボーヌから更に160㎞程南に下ったところになります。別の機会に訪れましたが、そのときは美味しいレストランに恵まれず、残念ながらまだ食の都を実感していません。

 

 ワインの発泡酒の代名詞 シャンパンの産地シャンパーニュは、ブルゴーニュより250㎞程北に離れた全然別の地方ですが、私がここを経由してブルゴーニュに入ったのでここに記載します。シャンパンを製造するポメリー(Pommery)、ヴーヴ・クリコ(Veuve Clicquot Ponsardin)などシャンパンのラベルで見たことのある製造者(メゾン)が点在しています。また街ランス(Reims)ノートルダム大聖堂なども見応えがあって観光にもいいところです。

 

 シャンパーニュからブルゴーニュというワイン巡りも車で廻れば数日から1週間程度で廻れるいいコースだと思います。

 

 美味しいワインが飲みたくなってきました。

 

 ではでは。

 

 

地図でみるブルゴーニュ・ワイン〔改訂新版〕

地図でみるブルゴーニュ・ワイン〔改訂新版〕

 

 

 

ブルゴーニュ ワイナリー訪問完全ガイド (Winart Books)

ブルゴーニュ ワイナリー訪問完全ガイド (Winart Books)

 

 

 

ブルゴーニュ アペラシオン完全ガイド  (Winart Books)

ブルゴーニュ アペラシオン完全ガイド (Winart Books)

 

 

 

 

 

 

 

 

ボルドーのワインシャトー巡り、ジロンド県(フランス):ヨーロッパ(欧州)旅行地 ランキング 私的ベスト30: 第10位

 さてベスト10に突入です。第10位は赤ワイン好きにとっての聖地ボルドーです。

 

 フランスの南西部、パリから500㎞ほど離れた大西洋寄りにボルドー市があります。その周辺の地域ジロンヌ県で産するワインがボルドーワインと呼ばれるそうです。 スペインに端を発するガロンヌ川が流れ、その両岸にワインを産するブドウ畑が広がります。 

 ここで楽しいのはやっぱりワインを作っているシャトー巡りです。 有名シャトーを含め見学ができ、更に試飲もできるので、普段は飲むことのできない高級ワインを楽しめまず。

 

 私は5大シャトーメドックの第1級格付けワイン)の内、シャトー・マルゴー、シャトー・オー・ブリアンを見学しましたが、両方とも私と家内の二人だけの見学にもかかわらず一人の女性が丁寧に応対、案内してくれました。 古くからある伝統の洋館の中の施設をワイン作りと貯蔵の流れで順番に案内してくれました。


 興味深かったのが樽作り。シャトーによって樽の考え、作り方、手配の仕方に違いがあるようでしたが、新品の樽を自ら作っている場所は木の良い香りとともにいかにも現場な感じがして面白かったです。

 

 また最後に試飲もさせてくれました。 そんな素敵な経験をさせてもらって料金は無料。 有名シャトーではワインの販売はしていませんが、他のシャトーはその場でワインも購入可能です。 また有名シャトーは事前予約が必要ですが、普通のシャトーは、当日や前日の連絡でも入れたり、現地のホテルで紹介や手配もありました。

 

 ワインってちょっと名前が覚えにくかったり、とっつきにくいところがあると思いますが、実際にその地に行くと、ボルドーの中のメドック、サン・テミリオンなどの地区や、マルゴー、サン・ジュリアンなどの村を、地形やブドウの種類等の特徴も踏まえて、実感として覚えられるので、後々のワインを飲む楽しみに奥行が出ると思います。
 
 ちなみにボルドーワインは根っからのフランスの物という印象がありますが、成り立ちはこの地域がイギリスに支配されていた時代に始まった産業で、供給先も最初はほとんどイギリス向けだったそうです。 従ってフランスの伝統文化というより、発祥はイギリスとフランス一地方の文化と言えるかもしれません。
  
 ボルドーではワインだけでなく、もちろん食事も美味しいフランス料理を楽しめるので、ちょっとでも料理好き、ワイン好きの方は、そんなに愛好家でなくても行く価値のある場所だと思います。

 ではでは。

 

 

ボルドー シャトー訪問完全ガイド (Winart Books)

ボルドー シャトー訪問完全ガイド (Winart Books)

 

 

 

 

 

ボルドー基本ブック (わかるワインシリーズ)

ボルドー基本ブック (わかるワインシリーズ)

 

 

 

 

 

 

 

旅名人ブックス4 ボルドー ワインの宝庫を訪ねて

旅名人ブックス4 ボルドー ワインの宝庫を訪ねて

 

 

アテネ、エーゲ海の島々(ギリシャ): ヨーロッパ(欧州)旅行地 ランキング 私的ベスト30: 第11位 

 ギリシャギリシア)といえばやはりアテネエーゲ海の島々でしょう。アテネには出張を含めて何回か行ったことがあるのですが、観光は9月下旬に2週間位かけて廻りました。

 

 アテネギリシャの首都なので大きな街ですが、国民性なのか陽気でゆるい感じの街です。まず行くのはアクロポリスパルテノン神殿ですね。アテネ市街を見下ろすような丘の上にあります。紀元前の建物がちゃんと残ってるのだから凄いですよね。アテネ市民 いやギリシャ国民にとっては、歴史面だけでなく経済面でなくてはならない遺産ですね。 観光収入に頼っているギリシャの肝ですから。 確かに観る価値はあります。

 

 アテネで食べるギリシャ料理は私は好きでした。(あまり美味しくないと言われる方もいますが。。。) 魚は新鮮なものがあるし、他の料理も味付けは凝ってないですが、ムサカ(ナスやジャガイモ、挽き肉などの階層にして焼いたもの)、イェミスタ(トマトやピーマンの米、肉詰め)、ドルマディス(ご飯や挽き肉などをブドウの葉で包んだ煮込み)、ホリアティキ・サラダ(山羊のチーズがのっかったサラダ)、羊肉などが美味しかったです。ワインも良かったですね。またオリーブオイルはイタリアやスペインより安価なのでお土産にお勧めです。イタリアのオリーブオイルも実はギリシャ産やトルコ産が多いと聞いたことがあります。

 

 エーゲ海は確かに鮮やかに青く、そして島々にある白い建物とのコントラストは非常に美しく絶景です。ミコノス島サントリーニ島など多くの白い建物が映える島があります。島々にはアテネから船や飛行機で渡れます。 私が行った9月下旬は海水浴にはもうちょっと涼しかったですがまだ海の美しさを堪能できました。

 ミコノス島で宿泊したのですが、海辺の小さなコテージのようなところに宿をとって、海の風を感じながらとても気持ちよく滞在できました。ミコノス島は大きくないのでレンタルバイクとかで廻れます。マニュアルミッションのバイクに乗って下りの坂道でこけた思い出もありますが。。。 

 ちなみにギリシャは熱帯ではなく冬は寒いので、観光にはお勧めしません。


 他にも一番大きい島、クレタ島は、リゾートというより遺産や博物館などギリシャ文明の歴史を感じるにはいい島でしたね。 


 私もエーゲ海の島でまだ行ったことがないところがたくさんあるので、また訪れたいです。

 

 ではでは。

 

 

エーゲ海 青と白が誘う52島

エーゲ海 青と白が誘う52島

  • 作者: 萩野矢慶記
  • 出版社/メーカー: ジェイティビィパブリッシング
  • 発売日: 2009/03/28
  • メディア: 単行本
  • 購入: 2人 クリック: 41回
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

エーゲ海
 

 

 

エーゲ海のねこ

エーゲ海のねこ

 

 

 

ギリシャごはんに誘われてアテネへ (旅のヒントBOOK)

ギリシャごはんに誘われてアテネへ (旅のヒントBOOK)

 

 

 

 

アテネ・エーゲ海 ギリシア (タビトモ)

アテネ・エーゲ海 ギリシア (タビトモ)

 

 

アンダルシア地方、コルドバ、グラナダ、セビリアなど (スペイン): ヨーロッパ(欧州)旅行地 ランキング 私的ベスト30: 第12位 

 スペインでも情熱的なイメージのある南部のアンダルシア地方。初夏に行ったのですが、地中海のきらめく海と、乾いた丘のオリーブ畑などが綺麗で、ドライブがとても気持ちよかったです。

 観光して印象深かったのは、コルドバのメスキータ。 元々スペインがイスラム王朝に占領されていたときに作るられたモスクで、奪還後はキリスト教の大聖堂として使われ2大宗教の融合が見られる不思議な建造物です。圧巻は多くの柱の上に造られた赤白のストライプの柄の馬蹄形アーチです。 その多くのアーチは重なる様は、美しく、そして不思議な空間を形造っていました。 

 有名なアルハンブラ宮殿はこの地方のグラナダという都市にあります。 グラナダというと高校の世界史で習った「グラナダの陥落」を思い出しました。キリスト教国によるイスラムからの奪還、イベリア半島の再征服(レコンキスタ)の最後の戦争です。アルハンブラ宮殿は、確かに美しい宮殿で観る価値はあるのですが、非常に観光客が多く、暑い中、並んで待たされたのがちょっとつらかったです。(今は事前予約チケットがあるようですね。)

 アンダルシア地方の州都セビリアは、とても大きな街で大聖堂など歴史ある建造物も見応えがあります。フラメンコの本場ですが私は残念ながら観ていないです。

 アンダルシア地方は、白い壁の家並も有名で、カサレスという村を訪れたのですがその景色はとても美しかったです。特にかわいい街、崖にある街が大好きな家内は熱狂していました。

 先にも書きましたが海辺のドライブは最高に気持ちよく、また綺麗な海岸もたくさんあって、海好きにはたまらない地方です。

 食事もオリーブオイルで引き立てられた魚介類に生ハム(ハモン・セラーノ)やワインもとても美味しく楽しめました。

 実はまだ一回しか訪れてないのですが非常に印象深く、是非また行きたい地域です。

 ではでは。

 

 

 

 

アルハンブラ物語〈上〉 (岩波文庫)

アルハンブラ物語〈上〉 (岩波文庫)

 

 

 

 

 

世界ふれあい街歩き スペイン/マドリード・セビリア [DVD]

世界ふれあい街歩き スペイン/マドリード・セビリア [DVD]

 

 

 

熱愛スペイン(CREA Due Traveller)

熱愛スペイン(CREA Due Traveller)

 

 

 

スペインから 本格的なスペインのフラメンコ

スペインから 本格的なスペインのフラメンコ

  • アーティスト: Varios Cantaores Flamencos
  • 出版社/メーカー: La Flamenca - Producciones AR
  • 発売日: 2011/05/16
  • メディア: MP3 ダウンロード
  • この商品を含むブログを見る
 

 

プラハ、ピルゼン(チェコ): ヨーロッパ(欧州)旅行地 ランキング 私的ベスト30: 第13位 

 チェコには出張で何回か、更にチェコ人の友達の結婚式に出席するために行きました。


 プラハ(英語名 プラーグ)は美しい街です。中央を流れるヴルタヴァ川沿い、カレル橋から眺める街並み、夜景。 中世の建物がそのまま残る旧市街。 小路を徘徊するのが楽しい街です。 

 チェコ人形劇が有名で、その流れで人形のアニメーション作品も多くあります。 それらのアニメが好きで、人形、立体彫像が好きな私は思わず操り人形の魔女(お土産用ですが)を買ってしまいました。 今でも大切な思い出として取ってあります。 


 またチェコは、先日東京でも展覧会が開催され大盛況だったアール・ヌーヴォ―の旗手として有名な画家アルフォンス・ミュシャチェコ語発音はムハに近いとのこと)の祖国でもあります。聖ヴィート大聖堂のステンドグラス、プラハ市民会館、ミュシャ博物館で作品が見られます。ミュシャは、商業的イラストの先駆けみたいな人で、輪郭がはっきりした画は、日本のマンガにも通じるところがあってマンガ好きな私にとっても大好きなアーティストです。人物デッサンの力はすごいと思います。


 またチェコというと作家 フランツ・カフカですね。「変身」、「審判」、「城」などを学生時代に読んで好きだったので、あの不思議な感覚が生まれたのはこの地かと思いながら観光していました。

 

 ピルゼンには、チェコ人の友達の実家があり、結婚式に出席するために行きました。 ”ピルゼン”(Pilsen)はドイツ語読み、チェコ語では”プルゼニ”(Plzeň)だそうです。 ビールの種類の一つ ピルスナーの語源になったビールでも有名な街です。 街自体は特に観光はしませんでしたが、友達の結婚式は地元の文化の一端、雰囲気が理解できて思い出深いです。2次会にあたるパーティーの会場に入ったときに、かわいい子豚が庭を駆け回っていたのですが、その子豚が丸焼きとして食事に出てきたときはさすがに驚きました。。 美味しかったですが。 チェコではドイツと同様に豚肉とポテトを多く食べるそうです。
  
 またチェコの女性は美しいです。スラブ系の血だと思うのですが、色白、綺麗な目鼻立ちは、まばゆいばかりの美しさで、ホテルの受付やレストラン、街中で何度も目を奪われました。 

 

 このようにチェコは美しい街に文化面、そして美しい女性と魅力一杯で、また訪れたい国ですね。

 ではでは。

 

 

アルフォンス・ミュシャの世界 -2つのおとぎの国への旅-

アルフォンス・ミュシャの世界 -2つのおとぎの国への旅-

 

 

プラハ 迷宮の散歩道 改訂新版 (地球の歩き方gem STONE)

プラハ 迷宮の散歩道 改訂新版 (地球の歩き方gem STONE)

 

 

 

プラハを歩く (岩波新書)

プラハを歩く (岩波新書)

 

 

 

CREA Traveller 2014 Winter NO.36 [雑誌]

CREA Traveller 2014 Winter NO.36 [雑誌]

 

 

 

 

変身 (新潮文庫)

変身 (新潮文庫)

 

 

ミュシャのすべて (角川新書)

ミュシャのすべて (角川新書)

 

 

 

*714 深大寺ビール ピルゼン 瓶 330ml×24本 1ケース

*714 深大寺ビール ピルゼン 瓶 330ml×24本 1ケース

 

 

ローマ、バチカン(イタリア): ヨーロッパ(欧州)旅行地 ランキング 私的ベスト30: 第14位 

 イタリアの首都、そしてローマ時代の遺跡の宝庫、「ローマ」です。

 私が初めて行ったイタリア旅行もローマから入りました。もう云十年も前ですね。でも鮮明に覚えています。確か7月に行ったと思うのですが、ローマの夏は暑いです。そんな暑い中、観光地を廻りました。 まだ若かったから良かったですが今だと絶対バテて熱中症とかで倒れてしまっていたかもしれません。お昼過ぎにのどが渇いて飲物が欲しくなったのですが、お店は長いお昼休みをとるため中々手に入らず苦労したのを覚えています。私はこのとき大好きなオレンジジュースのイタリア語、スプレムータ・ディ・アランチャ Spremuta d'Arancia を覚えてお店で連発しました。ということで夏に行くのはお勧めしません。

 コロッセオ、スペイン広場、トレビの泉、フォロロマーノなど見どころはたくさんあります。というか、ローマは首都でありながら、もう観光で生きているような街です。ローマ在住でホテル経営をしている友達も言っていました。 

 いつもはレンタカーで廻る旅が好きな私ですが、さすがにローマ市内は歩いたり、タクシーとかで廻りました。だってローマ市内の車の運転の、混んだ道でのスピードや路線変更のすごさを見てると、自分で運転する気はしませんよ。

 ローマ内にあるバチカンは素晴らしいです。システィーナ礼拝堂ミケランジェロの天井画、「最後の審判は圧巻でした。修繕前と修繕後を観ていますが、個人的には修繕前のちょっとくすんだ色が好きでした。

 レストランも美味しいです。ただ観光客目当ての悪質な店もあると聞いたことがあるので注意して下さい。

 難点はスリや泥棒、ボッたくりタクシーなどがいるところ。私は物を盗られたことはないですが、空港のタクシーではボッたくられたことがあります。飛行機を降りると多くのタクシーの客引きがいて、どれが正規か分からずに空港から有名ホテルまで向かったのですが、見事にボッたくられました。イタリア語も堪能ではないので泣き寝入りしちゃったんですよね。。情けない。。

 とは言っても何回行っても楽しい街ではあります。

 ではでは。

 

 

ローマの最高の場所

ローマの最高の場所

 

 

 

ローマ・フィレンツエ (ララチッタ)

ローマ・フィレンツエ (ララチッタ)

 

 

 

ローマの休日 (字幕版)
 
ローマ人の物語 (1) ― ローマは一日にして成らず(上) (新潮文庫)

ローマ人の物語 (1) ― ローマは一日にして成らず(上) (新潮文庫)

 

 

 

ミケランジェロの暗号―システィーナ礼拝堂に隠された禁断のメッセージ

ミケランジェロの暗号―システィーナ礼拝堂に隠された禁断のメッセージ

 
フレスコ画の身体学―システィーナ礼拝堂の表象空間 (イメージの探検学)

フレスコ画の身体学―システィーナ礼拝堂の表象空間 (イメージの探検学)