あいしろう blog IMAGINE

想像してみよう。それは何をもたらす? この後どうなる?   ときに楽しい夢を。ときには厳しい視点で。 

ウェリントンのシーフードとお酒 Ortega Fish Shack & Bar, ニュージーランドのレストラン その6, ニュージーランドに行ってきました(10)

6.  "Ortega Fish Shack & Bar"  ウェリントン

ウェリントン (Wellington)は、北島の南にあるニュージーランドの首都です。首都と言ってもこじんまりした街で、なかなか風光明媚なのですが、日本のツアーではあまり重要視されてないようです。 しかし私たちの今回の旅行の目的は”ロード・オブ・ザ・リング”の撮影地巡りで、この街の周りには多くの撮影地があり、特撮の拠点WETA WORKSHOPもあるので外せない場所でした。

 

そのウェリントンに着いて、郊外の撮影地を巡った後、その夜に行ったレストランがここです。シーフードで人気ということで向かったのですが、それはウェリントンの繁華街の西寄り、ヴィクトリア山のふもとにありました。

 

予約をしなかったのですが辛うじてカウンターの席が空いてました。早めの時間だったのでお店に入れたと思いますが、その後は1階は満杯で2階も席があるようですが、多くの人が訪れていたので、事前に予約した方がよさそうです。

 

f:id:Aishirou:20190812095209j:plain

カウンター

ここの凄かったのはお酒の種類。レストランというよりBarという感じでカウンターの後ろにズラリと並んでいました。

f:id:Aishirou:20190812095309j:plain

カウンター越しの多くのお酒

f:id:Aishirou:20190812095347j:plain

まずはビール

 

ワインの種類も多かったです。カウンターの向かいでお姉さんが今日のおススメワインとかを教えてくれました。

 

地元の人たちらしい人で狭い店内は満席でワイワイ、ざわざわと賑やかな楽しい雰囲気で良かったです。カウンターには一人でワインや食事を楽しんでいる男性や、ここに在住で常連らしい日本人の女性と白人のカップルもいました。

 

料理はまず生牡蠣

f:id:Aishirou:20190812095423j:plain

生牡蠣、たまりません

 

これが美味しかったです。生牡蠣を白ワインと一緒に頂くときは私にとって至福のときですね。

 

ワインもおススメをもらってフランスのでしたが美味しかったですね。

その後私は海老のクリームパスタ、カミさんはムール貝白身魚

f:id:Aishirou:20190812095528j:plain

Pan-fried prawn tails, garlic butter sauce, lemon, Italian parsley, tagliatelle

 

 

f:id:Aishirou:20190812095719j:plain

Gurnard, mussles, tuatua, saffron vinaigrette, baby potatoes

どちらもいけました。

 

f:id:Aishirou:20190812095929j:plain

お店の壁

人気なだけはあるいい店でした。

 

f:id:Aishirou:20190812095954j:plain

お店の外観

ウェリントンではもちろん”ロード・オブ・ザ・リング”の撮影地やWETA WORKSHOPを巡りましたが、他にも観光をして楽しかったです。湾の中の港を囲むようにこじんまりした山や丘が囲んでいて、自然と街のバランスがよくて気持ちのいい街でした。丘を登る100年の歴史を誇るというケーブルカーがあって、乗りました。

 

f:id:Aishirou:20190812100018j:plain

ケーブルカー

丘の上からの眺めも綺麗です。

 

f:id:Aishirou:20190812100039j:plain

丘の上からの街の眺め

丘の上にはカフェもあってそこで昼食を取りました。植物園もあって、そこを通って徒歩でを歩いて降りることもできます。

なかなか居心地のいい街でした。

ではでは。

 

 

LOVELY GREEN NEW ZEALAND  未来の国を旅するガイドブック

LOVELY GREEN NEW ZEALAND 未来の国を旅するガイドブック

 

 

 

New Zealand Travel Guide

New Zealand Travel Guide

 

 

 

 

 

 

 

クライストチャーチ ホテル内のビストロ 50 Bistro, ニュージーランドのレストラン その5, ニュージーランドに行ってきました(9)

5.  "50 Bistro" クライストチャーチ

 

クライストチャーチのホテルThe George にあるカジュアルな方のレストラン。名前は”50 Bistro"
別のところで書いた”エドラスの丘”ツアーから帰ってきた夜に行きました。ツアーの疲れもあり、ホテルの中のここを訪ねました。

 

店内は白を基調とした明るい内装で外の景色も見え気持ちのいい空間でした。

f:id:Aishirou:20190806081219j:plain

先に地元のクラフトビールを一杯。

f:id:Aishirou:20190806081237j:plain

疲れたときのビールは旨い!

 

料理はここでもラムを私は選びました。

f:id:Aishirou:20190806081256j:plain

 

カミさんはシーフード。

 

f:id:Aishirou:20190806081309j:plain

 

盛付も凝っていて、味も美味しかったです。

f:id:Aishirou:20190806081334j:plain

野菜の盛り合わせ 人参が美味しかった

地元の人にも人気のようで平日の夜ですがとても混んでいました。

店員の人もすごく親切で気持ちよかったです。


さて2泊したクライストチャーチですが、公園や古い建物があり素敵な街並でした。ご存じのように2011年に地震があり、街の中心部は教会が崩れたり大きな被害があり、まだ復興の途中です。

f:id:Aishirou:20190806081428j:plain

伝統的な建物

f:id:Aishirou:20190806081452j:plain

ハグレー公園 広くて落ち着けます

 

f:id:Aishirou:20190806081728j:plain

地震で崩壊したままの大聖堂

 

 

f:id:Aishirou:20190806081534j:plain

カテドラルスクエアの聖杯のオブジェ




お昼にゆっくり街を歩けなかったのでまたの機会に是非訪ねてみたいです。

 

ではでは。

 

www.thegeorge.com

 

 

クライストチャーチの空の下で

クライストチャーチの空の下で

 

 

 

TRANSIT(トランジット)29号 美しきオセアニア (講談社 Mook(J))

TRANSIT(トランジット)29号 美しきオセアニア (講談社 Mook(J))

 

 

 

ニュージーランド (タビトモ)

ニュージーランド (タビトモ)

 

 

クライストチャーチ ホテル内のレストラン Pescatore, ニュージーランドのレストラン その4, ニュージーランドに行ってきました(8)

4. Pescatore クライストチャーチ


南島の最大の都市 クライストチャーチでは、The Georgeというホテルで2泊しました。このThe Georgeは有名なハグレー公園のそばにある、そんなに規模も大きくなく応対もとても気持ちよくいいホテルでした。

f:id:Aishirou:20190728112935j:plain

ホテル The George 外観


このホテルの中にレストランが2か所あり、どちらも美味しそうだったので、夕食は街へ出ずここで取りました。 今回紹介するPescatore(ペスカトーレ)は、ここの2階にある高級な方で、もう一か所は50 Bistroというもう少しカジュアルなレストランで、そこにも翌日に行ってみました。そこに関しては後で書きます。

 

メニューはコースだけで、せっかくだからと一番上のコースの10品のお勧めワインつきを頼んでみました。カミさんはそんなに食べられるかなあと不安がっていましたが一皿一皿が小さかったので大丈夫でした。

f:id:Aishirou:20190728113014j:plain

10品のメニュー(おすすめのワイン付)

 

サーブしてくれる年の頃なら40後半から50歳くらいのオジさんがとても親切で茶目っ気があって食事を楽しくしてくれました。

 

料理は調理だけでなく見た目や盛り付けも凝っていて凄かったです。花のように作ってあって、これ食べられるの?という料理もあって驚きでした。

f:id:Aishirou:20190728113103j:plain

お花の形にあしらった一皿。お花は食べられました。

 


肉や魚の火の通し方は絶妙で素材の良さが出て良かったのですが味付けにもうちょっとインパクトというか強さがあってもいいかなと思いました。

f:id:Aishirou:20190728113204j:plain

メニューのお皿たち

 

ワインも各皿ごとにそれぞれ別のワインのグラスが付いてさっきのオジさんの解説もあって理解しながら飲むワインは美味しく良かったです。
一回、持ってくるワインを間違えるというご愛嬌もありましたが。

f:id:Aishirou:20190728113236j:plain

デザートワイン

 

f:id:Aishirou:20190728113504j:plain

レストラン 内部 隣にあった大きなテーブル

f:id:Aishirou:20190728113545j:plain

こんなオブジェもありました

 

いい夕食の時間になりました。

 

ではでは。

 

www.thegeorge.com

 

 

 

ヴィノテーク2014年7月号ニュージーランドワイン特集

ヴィノテーク2014年7月号ニュージーランドワイン特集

 

 

ワイン王国 2018年7月号

ワイン王国 2018年7月号

 

 

 

LOVELY GREEN NEW ZEALAND  未来の国を旅するガイドブック

LOVELY GREEN NEW ZEALAND 未来の国を旅するガイドブック

 

 

 

C10 地球の歩き方 ニュージーランド 2019~2020

C10 地球の歩き方 ニュージーランド 2019~2020

 

 

 

クイーンズタウンのステーキ&シーフード, Captains restaurant, ニュージーランドのレストラン その3, ニュージーランドに行ってきました(7)

3. Captains restaurant クイーンズタウン

 南島の湖のほとりにある美しい街クイーンズタウン。私たちはオークランドから夜、約2時間のフライトで飛んで着きました。その夜に行ったレストランです。

 

カミさんが疲れていて、そんなに量を食べられないということでビアバーとかも候補にしたのですが店の雰囲気がカミさんのお気に召さず街をウロウロしてこのお店に入りました。

 

ステーキ & シーフードの店ということで量はチョット心配でしたが入ってみたら当たりでした。

 

カウンターとテーブルがいくつかというこじんまりした店内は赤い壁という間違えると場末のスナックになりそうな配色でしたが、意外と落ち着けたいい雰囲気でした。

 

若い女性の店員が今日のおススメを説明してくれましたが早口なのと覚え切れなくて結局私はフィレのステーキを頼みました。(よくお勧めを最初に紹介されることがあるのですが、材料に料理法が混ざった紹介は日本語でも覚えきれないことがあり、英語だと聞き終わった後には最初のを忘れています。。。)
ムール貝が品切れだったのはチョット残念でした。(うちの夫婦は二人ともムール貝ラバーなので) カミさんはリゾットを注文。

f:id:Aishirou:20190727113336j:plain

フィレステーキ(South Island Grass-fed Eye Fillet (200g))



フィレステーキは程よく焼けていてお肉も柔らかく美味しかったです。量も200gなのでそんなに大きくなかったです。

 

この夜は移動で疲れていたのですが気持ちよく美味しい食事ができ良かったです。

 

f:id:Aishirou:20190727122219j:plain

レストラン 外から

f:id:Aishirou:20190727122255j:plain

外から その2

 

街からの景色も素敵です。

f:id:Aishirou:20190727113527j:plain

ホテルからみた街並

f:id:Aishirou:20190727113550j:plain

湖畔のホテルの正面に見えた山並み



ここにはキーウィ バードライフ パーク(Kiwi Birdlife Park)というキーウィのいるニュージランド固有の鳥が観られる鳥の保護施設があります。 キーウィは夜行性で真っ黒な部屋で観るので自分で写真は撮れませんでしたがかわいかったです。

f:id:Aishirou:20190727113633j:plain

看板のキーウィの写真 

 

f:id:Aishirou:20190727113705j:plain

 

ではでは。

 

www.captains.co.nz

 

www.kiwibird.co.nz

 

 

 

 

 

 

 

 

リブハート(Livheart) 抱き枕 キーウィ W23xD34cm ルーミーズパーティー 68948-32
 

 

 

変な鳥 ヤバい鳥 どでか図鑑 (エイムック 3799)

変な鳥 ヤバい鳥 どでか図鑑 (エイムック 3799)

 

 

 

ニュージーランドのレストラン その2 ワナカの White House ニュージーランドに行ってきました(6)

2. White House ワナカ(Wanaka)


クイーンズタウンから車で北東へ1時間ちょっと走ったら着くワナカ。ワナカ湖という綺麗な湖のほとりにあるリゾート地です。 そこに一泊して夕食を取りました。

 

ワナカの湖畔沿いにバーやレストランが並んでいて人も多く賑やかだったのですがもう少し落ち着いた雰囲気がいいなと思って、ちょっと奥まったところにあるこのレストランを選びました。


白い可愛い建物でいいのですが、ネットで見た写真の方がもうちょっとこざっぱり見えました。

 

f:id:Aishirou:20190721155447j:plain

レストランの外観

18:00頃に入ったらまだ時間が早いためかカウンターに一人の客がいた位でガラガラでした。まあ訪ねたのが4月末で観光オフシーズンという理由はあるかもしれません。

入ったら綺麗なお姉さんが笑顔で案内してくれて黒板に書かれた今日のワインリストを見せくれたり笑顔で気持ちよく対応してくれました。料理のメニューは壁の黒板に書いてありました。

ここは地中海料理というかモロッコ風の料理のレストランです。トマトのブルスケッタとメインに私はラムランプと連れはサラダを注文。
スターターは取りませんでした。ふた皿取ると大体量が多いので。

f:id:Aishirou:20190721155738j:plain

黒板書きのメニュー

ラムランプは美味しく焼けていて、クスクスとハーブと相まってニュージーランド料理とは違う味わいを出していて美味しかったです。

f:id:Aishirou:20190721155605j:plain

ラムランプ

ブルスケッタも美味しく、連れもサラダを美味しいと言って頬張っていました。

f:id:Aishirou:20190721155627j:plain

ブルスケッタ

f:id:Aishirou:20190721155652j:plain

サラダ

ワインはお姉さんのおススメの地元の赤ワインを選んでもらいました。
美味しかったです。

f:id:Aishirou:20190721155715j:plain

ワナカの赤ワイン(後ろがワインメニュー)




食事中に何組かお客さんも来て適度な空間とざわめきで心地良い場所でした。

なかなか良いレストランでした。

 

翌朝はワナカ湖周辺を散策。 綺麗な景色でした。

f:id:Aishirou:20190721160115j:plain

水の中に生える木「The Wanaka Tree」

 

f:id:Aishirou:20190721160154j:plain

黄色に紅葉するポプラ並木。湖面にも映って綺麗です。

真夏に行くとまたいいかもしれないですね。

 

ではでは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニュージーランドTODAY

ニュージーランドTODAY

 

 

ニュージーランドのレストラン その1 オークランド The Occidental Belgian Beer Cafe ニュージーランドに行ってきました(5)

   ニュージーランド旅行で行ったレストランを紹介します。今回、計8泊したのですが1泊の夕食は前述したようにテカポ湖で自炊したので計7回、レストランで夕食を取りました。どこも大きな外れもなく美味しくて、意外な驚きもあったりして楽しめました。
それぞれのレストランについて取り留めもなく書いてみたいと思います。

 

1.The Occidental Belgian Beer Cafe オークランド, Auckland

  帰国前の最後の夜に行ったレストランです。ちょっと夜遅くなって、日曜ということもあるのか街の人出は少なく寂しい感じでした。行こうと思ったところがあいにく休みだったのでこの店にしました。ムール貝が有名なベルギービールのCafeというかBarです。ネットでもよく紹介されていました。


お店は結構混んでいて隅っこのテーブルが辛うじて空いてました。

f:id:Aishirou:20190715100331j:plain

バーカウンター

 

定番のムール貝とビールをまず頼みました。ベルギービールの品揃えはさすがで何十種類もありました。ただ私はベルギービールを語れる程の知識はないのですが、頼んだのはコクがあって美味しかったです。

f:id:Aishirou:20190715100403j:plain

ビール その1

 

f:id:Aishirou:20190715100421j:plain

ビール その2

f:id:Aishirou:20190715100655j:plain

ビールのメニュー その1

f:id:Aishirou:20190715100715j:plain

ビールのメニュー その2 こんなページが10ページ位ありました




ムール貝はこれ。

f:id:Aishirou:20190715100524j:plain

でっかいムール貝

 

本場のベルギーのムール貝より大柄で身も大きかったです。ニュージーランドムール貝は大きいとは聞いていたのですがこんなに大きいとは思ってませんでした。味は美味しかったです。まあムール貝の白ワイン煮をまずく作る方が難しいですが。。。 貝がちょっとジャリついたのがちょっと残念。

追加でラム肉を頼みました。普通に焼いて煮た感じで普通に美味しかったです。

f:id:Aishirou:20190715100555j:plain

ラム肉


建物はトラディショナルで素敵ですね。

f:id:Aishirou:20190715100617j:plain

f:id:Aishirou:20190715100632j:plain

 

オークランドでの素敵な夜でした。

f:id:Aishirou:20190715100915j:plain

おまけ オークランドのスカイタワー

 

ではでは。

 

 

www.occidentalbar.co.nz

 

 

ことりっぷ 海外版 ニュージーランド (旅行ガイド)

ことりっぷ 海外版 ニュージーランド (旅行ガイド)

 

 

 

Lonely Planet Auckland & Bay of Islands Road Trips (Travel Guide) (English Edition)

Lonely Planet Auckland & Bay of Islands Road Trips (Travel Guide) (English Edition)

 

 

ロードオブザリング撮影地 エドラスの丘へ。楽しかったツアー。 ニュージーランドに行ってきました(4)

ロードオブザリングLOTR, 指輪物語)の映画の2作目で人間の国 ローハンのお城のあるエドラスの丘。その撮影地に行くツアーに参加しました。クライストチャーチを朝出て夕方に帰る1日ががりでしたが途中の景色やエドラスの丘から見る景色が素晴らしい思い出に残るいいツアーでした。

 

トヨタランドクルーザーを改造した4WDでホテルまで迎えに来てくれました。参加者は私達2人以外にドイツ人の夫婦らしき2人組みと日本人の女性1人の計5人でした。
運転手兼ガイドは20代の元気なお兄ちゃんでした。ガイド言語は英語です。

f:id:Aishirou:20190630165512j:plain

連れていってもらったランドクルーザー

 

エドラスの丘はクライストチャーチから片道2時間位かかるMt.Sunday(マウントサンディ)という場所ですが、ガイドがよく喋るのと途中の風景も綺麗なので途中行程は飽きませんでした。

 

途中でカフェでちょっと休憩。コーヒーや軽食を取れました。

f:id:Aishirou:20190630165636j:plain

休憩したカフェ

 

エドラスの丘に到着する前にも絶景のポイントで止まってくれました。

f:id:Aishirou:20190630165824j:plain

広大な風景


周りに小さい家のような建物があったのですが休暇を楽しむための別荘だそうです。

f:id:Aishirou:20190630165901j:plain

美しい山

f:id:Aishirou:20190630165927j:plain

これがエドラスの丘です。




その後、エドラスの丘のそばのロッジに行きました。そこには山羊や鴨がいてちょっとした牧場という感じです。
シーズンにより宿泊も出来るそうです。

f:id:Aishirou:20190630170013j:plain

山羊たち

 

ここの土地は私有地で勝手には入れないとのこと。
エドラスの丘に向かう途中は川を横切ったりするので普通のクルマでは通れないと思います。丘に向かう途中多くのウサギを見かけました。

f:id:Aishirou:20190630170349j:plain

車が横切った川

川に囲まれた平原にポコっと岩の小山、それがエドラスの丘でした。

f:id:Aishirou:20190630170456j:plain

エドラスの丘 下から眺めたところ

車をそばに止めてそこから丘の頂上まで歩きました。片道10分くらいの距離です。丘の上での記念撮影用も兼ねて戦に行くように剣を担いで行きました。私の小太りな体型を見てか小人ドワーフ族のギムリ用の斧を勧められましたが私はギムリじゃないよと主張して剣を代わりに持って行きました。

丘の上に立つと川、平原と周りの山々が見渡せ素晴らしい景色でした。

f:id:Aishirou:20190630170606j:plain

丘の上から

f:id:Aishirou:20190630170653j:plain

丘の上から その2

f:id:Aishirou:20190630170856j:plain

丘の上から その3

 

f:id:Aishirou:20190630171025j:plain

丘の上から その4

f:id:Aishirou:20190630171053j:plain

丘の上から その5


剣と旗を持って記念撮影もしました。

f:id:Aishirou:20190630171131j:plain

記念撮影

 

丘の上で景色を楽しみながらガイドのお兄ちゃんと会話を楽しみました。彼はクルマが好きで日本車のファンとのこと。好きなクルマはソアラにチェイサー。そうFR車でコーナーリングを楽しむドリフト愛好家だったのです。ニュージーランドでは今日本車は工場もなくとても高価だとのこと。日本でワーキングホリデー取って日本車で走りたいとのこと。友達が日本にいるそうで結構日本について詳しかったです。エビスに行きたいと言ったので東京の恵比寿だと思い、いいとこだよと答えたのですが、後で調べたら福島県のドリフトのメッカのエビスサーキットのことを言っていたんだと気づきました。ニュージーランドやオーストラリアからドリフトのためだけに多くの人が日本に来ているのは知っていたのですが。彼の夢が叶えばいいですね。

 

さてそうやって丘の上でゆっくりした後、車に戻りました。

f:id:Aishirou:20190630171216j:plain

丘から下っているところ

 

そこでハプニング。ドイツから来た男性がバッグを丘の上に置いて忘れてきてしまったのでした。小道具の剣を持った代わりにバッグを持ってくるのを忘れてしまったようです。ガイドのお兄ちゃんが走って取ってきてくれました。さすがの元気なお兄ちゃんも帰ってきたときは息が上がっていました。

ロッジに戻ってサンドイッチでチョット遅めのランチを取りました。飲み物にワインがあり、他の人は飲まなかったので私達二人でボトル一本を空けちゃいました。

f:id:Aishirou:20190630171304j:plain

二人で飲みほしたワインのボトル

ランチを終え帰路につきました。ここからはまっすぐクライストチャーチに向かい宿泊してるホテルまで送り届けてくれました。

なかなか充実した1日でした。

下記が今回お世話になったツアーです。

Lord of the Rings: Edoras Tourhasslefreetours.co.nz

ではでは。

 

 

 

 

 

文庫 新版 指輪物語 全10巻セット (評論社文庫)

文庫 新版 指輪物語 全10巻セット (評論社文庫)

 

 

 

そうだ! ニュージーランド行こう! ~52歳フツーの主婦がニュージーランドひとり旅で見つけた大切なこと~

そうだ! ニュージーランド行こう! ~52歳フツーの主婦がニュージーランドひとり旅で見つけた大切なこと~

 

 

 

Moon New Zealand (Travel Guide)

Moon New Zealand (Travel Guide)