読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あいしろう blog IMAGINE

想像してみよう。それは何をもたらす? この後どうなる?   ときに楽しい夢を。ときには厳しい視点で。 

ブリュッセル, ブルージュ、アントワープ (ベルギー): ヨーロッパ(欧州)旅行地 ランキング 私的ベスト30: 第26位 

旅行

 ベルギーはBENELUX三国の一つで、オランダの隣国。EUの本部もあり、ドイツ、フランス、イギリスのような大国の間でバランスをとるように機能する小じんまりした国です。オランダに赴任していたときは、仕事の用事があり月に1回は訪れていました。オランダ語圏とフランス語圏があって、フランスの影響もあるのか食事はオランダとは雲泥の差で美味しいので、いつも行くのが楽しみでした。


 首都ブリュッセル(英語読みはブラッセル)の観光の目玉は、やっぱりグランプラス。石畳の周りに歴史ある建物が並ぶ趣のある広場です。ここで歴史を感じた後は、チョコです。ゴディバの本店もここにありますが、それ以外にも多くのチョコレート屋が並び、ここで食べる生チョコは絶品です。正直、ゴディバで高いお金を出すチョコより他のチョコの方が美味しいと感じました。 

 

 また世界三大がっかりとも言われてますが小便小僧もここの傍です。私は言われるほどがっかりせず、この像は嫌いじゃないです。また小便少女もあるので路地を探して見逃さないように。


 食事はまずムール貝が有名ですね。大きな鍋に貝山盛りで出される白ワイン蒸しは美味しいです。多くのレストランが軒を連ねています。定番の有名店は”Chez Léon(シェ・レオン)”ですね。実はこのムール貝、オランダで養殖されたものです。オランダでも非常にポピュラーでスーパーで安価で販売されているので家でも作ってよく食べてました。ムール貝以外もフランス料理系の美味しい料理を出すレストランはたくさんあります。日本食では「三辰(さんたつ)」は美味しくてよく通いました。


 ブリュッセルからちょっと足を延ばしてブルージュ(ブルッヘ)へいくのはお勧めです。ここは街全体に中世の雰囲気が残っている世界遺産にもなっている観光にはうってつけのところです。周りに運河が巡る街中の歴史地区には古い教会や庁舎が残っています。またレース編みが有名で、街中でおばあちゃんがレースを編んでる姿を見かけました。


 アントワープブリュッセルのオランダ側の隣町で、ブリュッセルからの行き帰りに通っていました。「フランダースの犬」で日本では有名な街ですが、残念ながらベルギーの人はこの話をほとんど知らないそうです。。 街の中心には舞台になった大聖堂がありますが、残念ながらそれ程印象には残ってないです。 私にとってアントワープは帰りに夕食を取る日本食レストラン「三辰」の街でした。。


 またベルギーはフランスの影響なのか、土地のせいなのか、屋根が素焼きのオレンジ系の色が目立ちましたね。道路の整備はあまり機能してないようで、変な交差点や舗装の不具合等もあった印象でした。そんなところも道路整備が進んでいるオランダと違うところでした。

ではでは。

 

016 地球の歩き方 aruco ベルギー 2016~2017 (地球の歩き方aruco)

016 地球の歩き方 aruco ベルギー 2016~2017 (地球の歩き方aruco)