読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あいしろう blog IMAGINE

想像してみよう。それは何をもたらす? この後どうなる?   ときに楽しい夢を。ときには厳しい視点で。 

「ひな祭り」、男のくせにひな人形が欲しかった子供のとき。何でだったのだろう?

今週のお題「ひな祭り」

 私は二人姉弟で姉がいたが、特に家にはひな人形というのはなかった。ただ友達の家に遊びに行ったり、デパートに行ったりすると七段飾りとかの豪勢なひな人形が飾ってあって、男のくせに見るのが好きで、欲しかったのを覚えている。

 ひな人形って別にかわいい人形じゃなくてちょっとリアル。そして五人囃子や三人官女とかの役者がいて、他にも右大臣とか左大臣のオジサンが渋い存在感を示し、更に最下段にある車や籠がリアル感を増大させている。そう、要はちょっとジオラマちっくでファンタジックで、ストーリーの想像を掻き立たせような人形だ。だから欲しかったのだと思う。マンガやアニメ好きの私の心をくすぐったのだ。

 

 今ではひな人形はあまり興味はないけど、平面のマンガとか絵画だけでなく、3次元の彫像は好きだ。フィギュアはそんなに好きじゃないが、今は仏像とかが好きだ。特に主役のセンターの如来、菩薩様より、四天王とか十二神将とかの脇役の像が好き。これらもなんかファンタジーを感じてしまうからだと思う。カミさんにはどうせフィギュアの延長でしょ、と本質を見抜かれちゃってる。。。 

 

 3次元の表現の一つとして人形アニメーションも好きなもののひとつ。 ティム・バートン物もいいけど、くるみ割り人形もリバイバルしてたね。

 

ナイトメアー・ビフォア・クリスマス [DVD]

ナイトメアー・ビフォア・クリスマス [DVD]

 

 

くるみ割り人形 [DVD]

くるみ割り人形 [DVD]

 

 

 そしてレイ・ハリーハウゼンのストップモーションも外せないね。

アルゴ探検隊の大冒険」は、航海の冒険の中でレイ・ハリーハウゼンの作り出すクリーチャー達が暴れまわるギリシャ神話をベースにした名作。私は子供のときにこの映画をみてギリシャ神話にのめり込んだ。

 

 とファンタジー好きな、要は空想(IMAGINE)好きな私でした。

 ではでは。