読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あいしろう blog IMAGINE

想像してみよう。それは何をもたらす? この後どうなる?   ときに楽しい夢を。ときには厳しい視点で。 

中目黒の『青の洞窟』イルミネーションが混雑で大変。クリスマス本番24日、25日や、来年はどうなるのかなあ?

展覧会、イベント 時事

 今、用事があるので中目黒によく行くのだけど、目黒川沿いの木々に青色LEDをともすイルミネーション『青の洞窟』が混雑で大変な状況になっている。
 あまりの混雑で土日祭日は中止になっちゃったが、昨日12月22日も平日なのに、開始の17時の2時間前の15時には人が集まり出して、一番眺めのいい橋の上では場所取りしている人がいた。(だいたいおばさんだったけど) そして開始の17時過ぎにはもう目黒川の両脇は人の山で中目黒駅も人がたくさん降りてきていた。すごい人気だよねえ。

f:id:Aishirou:20141223121038j:plain

 こんな状況を見て感じるのは
・イベントの企画って上手くいってないなあ。
・このままでクリスマスの12月24日、25日は平日だけど開催できるのだろうか?
・それにしても見たいという人の執念ってすごい。
・来年はどうすんだろ?
ってこと。

f:id:Aishirou:20141223121045j:plain

 目黒川の春の花見はすごい人手の人気で、今回の企画は「クリスマスに引っかけてイルミネーションをすれば冬にも人を呼べるのでは」という発想でされたと推測するが、じゃあなぜ花見並に人がくることも想定できなかったのだろうか?と疑問には思う。花見のときは目黒川の両脇の道はたぶん交通規制して歩行者天国のようになってるけど、今回は交通規制してないので、ただでさえ狭い一方通行の道は車と人で溢れている。こりゃあちょっと危険だなとは思う。そもそもイベントを企画するときは、人を呼ぶということが目的なのだから、目標来場者数と、Max想定、MIn想定は普通すると思うのだけど、そのMax想定を花見レベルとすれば、交通規制も想定しないといけなかったと思うんだけど。
 JR東日本の東京駅100周年のスイカの騒ぎもあって、イベント企画で想定を上回って収拾がつかない案件が続いちゃっているが、発案はいいのに、その発案を元に想定するMax,Minのケーススタディが甘い、先を読んでないんだよね。ある意味これもImagination不足。

 それで24日や25日はクリスマスなので平日でも相当な人手が想定されるけど、休日並みにたくさんの人が来ちゃったらどうすんだろう。 公式Webによると「12月25日までの平日は点灯を予定しておりますが、点灯後お客様の安全確保が難しいと判断した場合、急遽消灯する可能性もあります。」ってあるけど、ちょっとお客をバカにしてるのでとは思う。だって行ってみたら中止なんて、ちょっとないんじゃない。

Nakameguro 青の洞窟 2014


 それにしても昨日の開始2時間前の15時頃の人の集まりは、寒い中、こんなに早くによく来るなあって驚いた。特におばさん、女性が多かったけど、女性のイルミネーション好きの「きれい」っていうのと、「テレビや絵では感じられないリアル感」「期間限定」ってことがポイントなんだろうね。私もきれいとは思うけど、寒い中、待ってでも観たいとは思わないなあ。ただ私は大好きな食事でも、たとえすご美味しいとしてもレストランに並ぶのは嫌いなので、私が執念がなさすぎなだけかもしれないけど。

 最後に気になるのは来年はどうすんだろう?ってこと。主催者は「めぐろ観光まちづくり協会」ってところのようで、そこの目的と目標設定次第だけど
Optionは
1.もっとイルミレーションとか演出を工夫、発展させて開催
2.イルミネーションはそのままで開催
3.イルミネーションを縮小して開催
4.やらない
の4つ。
 ここは気合い入れて1.を実現して欲しいなあと願ってしまう。もちろんそのときは想定をしっかりして土日祭日も問題なく開催して欲しい。
でも主催者の雰囲気からして、4になっちゃうのかなあ。。。発想はいいのだからがんばって!
来年を楽しみにしてよ。

ではでは。

めぐろ観光まちづくり協会 | トップページ