読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あいしろう blog IMAGINE

想像してみよう。それは何をもたらす? この後どうなる?   ときに楽しい夢を。ときには厳しい視点で。 

エドガー・ライト監督 「ショーン・オブ・ザ・デッド」 このおバカさ加減、最高だねえ。

 昨年、「ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!」を観て、そのおバカさ加減が面白かったのでエドガー・ライト監督の作品を振り返ろうと思って「ショーン・オブ・ザ・デッド」をDVDで観た。これが超面白いゾンビ映画だった。
 2004年作の映画で、映画ファンには何をいまさらと言われそうだけど、遅ればせながらこんなおバカ映画に出会えて幸せ。

 「ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!」と共通するけど、英国のパブがキーポイント。パブという、英国の独自文化、それも地味な伝統カルチャーをベースにしてるのがいい味を出している。英国には何回かプライベート、出張で行き、現地人とも仕事付き合いもしたけど、街並みとか会話、振舞とかに独特な雰囲気があって面白い。そしてパブはどこの街角にもあって、ビール片手に盛り上がってる。(映画のように黙々と飲んでる人もいるけど。。) もちろんビールの1杯の単位は昔ながらの1パイント。

 そんなどこにでもある裏びれたパブの一軒ウィンチェスターの常連客であるサイモン・ペグ演じるちょっと抜けた男が主役。これがホント、しょーもなく間抜けで頼りない。デートのレストランの予約も忘れるなど日頃からしょーもないので彼女に呆れられ振られるし、勤めている電気屋では10代の部下には馬鹿にされるし。。。そんな彼の相棒がニック・フロスト演じるオタクデブ。やっぱこういう映画に味を出すのはオタク君でしょ。主役のしょーもない奴とオタクのコンビは最強。
 そんな最強コンビと彼女、お母さん、友達達が街中に発生したゾンビ達から逃げて戦う。さてさてその結末は。。。
 そんなにゾンビ映画は観ないけど、この映画のスピーディな展開と笑い、そしてそのセンスが最高!!
 まだもし観てなかったら観てみて!

 ではでは
【映画】ショーン・オブ・ザ・デッド (2004) 日本版予告編 - YouTube

ショーン・オブ・ザ・デッド [DVD]

ショーン・オブ・ザ・デッド [DVD]


ワールズ・エンド/酔っぱらいが世界を救う! [DVD]

ワールズ・エンド/酔っぱらいが世界を救う! [DVD]

 同じくエドガー・ライト、サイモン・ペグコンビの「ホット・ファズ」も面白かったよ。